【大会結果】2021プーチン大統領杯第47回全日本サンボ選手権大会大会結果

8月29日、当連盟は「2021プーチン大統領杯第47回全日本サンボ選手権大会」を墨田区総合体育館で行った。本大会は当初2月7日に開催を予定していたが、新型コロナウイルス感染症感染拡大による緊急事態宣言が大会会場のある東京都に発令されたこと等を受け、7月25日に延期、そして8月29日に再延期を余儀なくされていた。

再延期された日程でも緊急事態宣言下となったが、本大会は単なるサンボの国内大会ではなく、日露善隣友好関係の架け橋として大切な大会であることから緊急事態宣言が引き続き発令されている状況であるものの無観客実施とし、出場者を選抜し、選手への抗原検査の導入、適宜マット消毒を行うなど可能な限りの感染症対策を行い実施することを決めた。

しかしながら、当連盟の選手選抜後も大会当日まで出場辞退が続き、最終的には4階級15名で行うこととなった。

このような状況でも参加してくれた選手、大会運営に協力してくれた役員・関係者の皆さまに敬意を表す。

次回のプーチン大統領杯全日本サンボ選手権大会は2022年2月6日、墨田区総合体育館での開催を予定している。

大会名:2021プーチン大統領杯第47回全日本サンボ選手権大会
期 日:2021年8月29日(日)
会 場:墨田区総合体育館武道場

大会結果

男子58kg級
1位:馬場元気(至学館大学)
2位:中村幸人(無所属)
3位:上田尚希(ネクサセンス)
3位:山本晃太(元町整形外科)

馬場元気
準々決勝
vs 上田尚希 2-0ポイント判定勝ち
決勝
vs 中村幸人 アキレス腱固一本勝ち

馬場選手、男子57kg級4連覇を含む5大会連続優勝

男子64kg級
1位:平野元大(Under Cushion)
2位:久保田裕貴(グランドスラム)

平野元大
決勝
vs 久保田裕貴 2ー2テクニカポイント差判定勝ち

男子71kg級
1位:萩原匡平(ストライプル取手柔術アカデミー)
2位:仲村暁人(墨田サンボクラブ)
3位:平野雅大(ランクアップ平野屋)
3位:林拓海(サンボスクールゴンチャロフジャパン)

萩原匡平
準決勝
vs 平野雅大 2-0ポイント判定勝ち
決勝
vs 仲村暁人 腕挫十字固一本勝ち

男子98kg級
1位:比嘉渉(YOLO)
2位:井手大心(M-WORKS GROUNDCORE 宮崎)
3位:増渕大祐(リバーサルジム横浜グランドスラム)
3位:中山賢一(三多摩サンボスクール)

比嘉渉
準々決勝
vs 増渕大祐 9-1ポイント判定勝ち
決勝
vs 井手大心 3-1ポイント判定勝ち

最優秀選手賞
男子58kg級1位:馬場元気(至学館大学)

左からミハイル・ガルージン大使閣下、馬場元気選手、大会実行委員長浅井信幸
撮影:安藤知了

大会結果PDF

オンラインアルバム(撮影:安藤知了)

全日本サンボ選手権大会歴代優勝者一覧PDF

最新情報をチェックしよう!
>日本サンボ連盟

日本サンボ連盟

一般社団法人日本サンボ連盟とは、格闘技サンボを通じて人々の心技体の向上を図るとともに、国際友好関係を構築し平和に貢献することを目的とします。

CTR IMG